トレーサーガス
環境

水素は自然に発生する気体で毒性は皆無であり、環境にも悪影響はありません。水素は自然界にも存在しますし、簡単な方法で作り出すことができます。実際、私たちのお腹の中でも水素は作られているのです。水素の通常の背景濃度は空気中で0.5ppmです。

その他のトレーサーガスは、限りある資源から作られたり、製造費用が高かったり、潜在的に有害だったりします。従って、トレーサーガスを使ってリーク検査をする場合、水素は最も環境に優しい選択と言えます。もし、御社がISO14001や同趣旨の認証を有しているのであれば、この事実を知っておくことは重要です。